ALIASレコードが使えるDNSサーバー4選

DNS

DNSサーバーに設定可能なレコードとしてCNAMEレコードがあります。

CNAMEレコードは別ドメインのレコードを参照できるので、利便性が高いですよね。

でも、DNSの仕様により、CNAMEレコードをDNSサーバーに設定できないことがあります。

今回は、CNAMEレコードが使えないケースと、CNAMEの弱点を解決するALIASレコードに対応したDNSサーバーを紹介します。

CNAMEレコードをDNSサーバーに設定できないケース

CNAMEレコードは、Aレコードと同じように特に制限なく使えるイメージがありますが、DNSサーバーに設定できないケースが2つあります。

ネイキッドドメインにCNAMEレコードを設定できない

1つ目の制限は、ネイキッドドメインにはCNAMEレコードが設定できない点です。

ネイキッドドメインとは、egatech.netやgoogle.comのようにサブドメインを含まないドメインのことです。

要するに、トップのドメイン名にはCNAMEは設定できません。

設定できない例:ネイキッドドメイン

egatech.net.    CNAME    sample.jimdofree.com.

設定できる例:サブドメイン

foo.egatech.net.    CNAME    sample.jimdofree.com.

CNAMEレコードとTXTレコードを同時に設定できない

2つ目のCNAMEの制限は、同一ホスト名に対して、CNAMEとTXTレコードの両方を設定できないことです。

設定できない例:

foo.egatech.net.    CNAME    sample.jimdofree.com.
foo.egatech.net.    TXT      "google-site-verification=xxxxxxxx"

お名前ドットコムのDNSサーバーで設定すると、やはり次のようなエラーになりました。

お名前ドットコムのDNSサーバーではTXTとCNAMEを同時に登録できない

CNAMEの代わりにAレコードを使えば、設定は可能です。

設定できる例:

foo.egatech.net.    A        xxx.xxx.xxx.xxx
foo.egatech.net.    TXT      "google-site-verification=xxxxxxxx"

ALIASレコードとは?

ALIASレコードは、CNAMEの2つの制限を回避できる拡張DNSレコードです。

まだRFCでも定義されていません。

ALIASレコードはCNAMEのように使えますが、DNS呼び出し元から見ると、ALIASレコードではなく、Aレコードが設定されていたかのように振舞います。

DNS Aliasレコードの処理の流れ

つまり、DNSリゾルバはALIASレコードを直接受け取りません、DNSサーバーがALIASレコードを処理します。

ALIASレコードが使えるDNSサーバー

ALIASレコードに対応しているDNSサービスのうち、日本ユーザーになじみのあるDNSサービスをまとめます。

Amazon Route 53

AmazonのDNSサービスRoute 53は、ALIASレコードに対応しています。

エイリアス先は、ELBにしたり、S3バケットにしたりと自由自在に使えます。

エイリアスレコードと非エイリアスレコードの選択 - Amazon Route 53
Amazon Route 53 でエイリアスレコードを作成するかどうかを選択します。

CloudFlare

CDNのCloudFlareでは、2014年からCNAMEレコードをフラット化する機能を実装しています。

Just a moment...

ムームードメイン

ムームードメインのDNSサーバーは、2018年からALIASレコードに対応しています。

国内向けサービスでは、ムームードメインだけですね。

ムームーDNSでALIASレコードが設定できるようになりました! インフォメーション | ムームードメイン
2018年2月26日のインフォメーションです。ムームーDNSでALIASレコードが設定できるようになりました!

なお、ムームーDNSが使えるのは、ムームードメインで管理しているドメインのみです。

IIJ DNSプラットフォームサービス

IIJ DNSプラットフォームサービスでは、ANAMEレコードというALIASに似た機能を実装しています。

ANAME仕様

CMSの独自ドメイン化で注意が必要

以上、CNAMEの制限と、それを回避できるサービスを紹介しました。

ネイキッドドメインにCNAMEレコードを設定できないことによる影響はいくつかあります。

代表的なのが、WixやInstapageなどCMSで作ったサイトを独自ドメイン化するとき、ドメインがサブドメインになることです。

たとえばWixで独自ドメインを使った場合は、www.example.com のように必ず www.が付いてしまいます。”www.”のないホスト名は使えません。

最近はANAMEレコードというALIASレコードに似たレコードの仕様検討が始まったようです。早くこの問題が対処できるといいですね。